黒い煙、1メートル先も見えなかった…神戸・民家火災 1人死亡

22日朝、神戸市の民家で火事があり、住人とみられる1人が死亡しました。22日午前9時30分過ぎ、神戸市灘区の住宅街で近くに住む人から「近所の家の2階から火が出ている」と消防に通報がありました。

【救助しようとした男性】
「黒い煙でした。1メートル先も見えなかった。消防車に来てもらおうと思って110番通報した」

火事があったのは、木造3階建ての民家で火はおよそ4時間後に消し止められましたが、家の2階部分およそ50平方メートルと、隣接する民家の壁の一部が焼けたということです。焼け跡からは住人とみられる性別や年齢が不明の1人の遺体が見つかり、警察などが身元の特定を進めるとともに、出火原因を調べています。

大阪・関西のニュース