大阪・北新地放火殺人 現場の写真公開 消防庁

大阪・北新地のビル放火事件で消防庁は、火災原因の調査報告書を公開しました。消防庁が公開したビル内部の画像などによると、出火場所に近い出入口の近くはひどく焼けたのに対し多くの人が倒れていたクリニックの奥は、あまり焼けていないことがわかります。院長や患者ら26人全員が一酸化炭素中毒で死亡したこの事件。

消防庁は、発生から数分で一酸化炭素濃度が非常に高くなったと指摘。唯一の出入口で
火災が発生し、クリニックの奥に逃げざるを得なかったことが多くの犠牲者を出した
原因としています。

大阪・関西のニュース