イカツイ…中国SUVが大阪に!日本で1台しかないクルマに乗ってみた! 

大阪・難波に去年12月にオープンした中国車・ホンチーです。日本での知名度はあまりありませんが、中国では絶大な人気を誇るメーカーで毛沢東や習近平・国家主席が公用車として利用する「第一汽車」の最高級ブランドです。

ホンチーが、今年5月に日本市場に投入したのが、高級SUV・HS7。価格はおよそ800万円からで、中国でも人気のSUVですが、現在、ショールームに展示されているのは別の車です。いったい…どこに車は存在するのか?購入した人がいると、聞き訪れたのがHS7のオーナー・趙知理さんです。

実はこの車、日本にたった1台しか存在しません。およそ1000万円で購入したというSUVの性能は…

【趙さん】
「ぼくにとっての特徴は運転しやすくて静か。安心感もある。SUVだから目線が高いのでよく見える」

このHS7は日本仕様のため、ガソリン車ですが、電気自動車のように静かだとか。現在すでに3台の予約が入っている高級SUVですが、まだナビなどに日本語がないため、日本人への販売は控えているそうです

【紅旗 王力COO】
「日本に在住している中国人・中国企業をメインに販売している。(日本語の対応は)早くて年末にできる予定」

今後、ホンチーでは中国で、すでに販売されている電気自動車の販売も、日本で予定しているということです。

大阪・関西のニュース