注目!テスラのSUV「モデルY」大阪・心斎橋に実車が…性能は?

大阪・心斎橋に店を構えるアメリカの自動車メーカー・テスラ。電気自動車を世界で一番売り上げるメーカーです。

【記者】
「この車はドアを開けて乗り込むだけで、運転ができる」

一番人気の「モデル3」。電源ボタンなどはなく、乗り降りするだけで、電源のON・OFFが自動で行われます。

【記者】
「この静かさで力強い走行性はガソリン車では味わえない走行性ですね。ウィンカーを出したときミラーについているカメラで死角をカバーしてくれます」

日本でも2019年から販売開始され、売れ行きは好調。フル充電で689キロ走ることができます。そして、日本で6月から予約開始されたのが、SUVの「モデルY」。

関西ではここ、心斎橋でしか実物を見ることができません。価格はおよそ650万円。スペックは先ほどのモデル3と同等ながら、広い後部座席に大容量のトランクが前後に搭載されています。

世界的にも人気が高まり、ウクライナ情勢や半導体不足により、供給が追いつかず、日本では8月から納車が始まる予定です。

大阪・関西のニュース