国を守る!仕事を選んだ若者。自衛官候補生の訓練に密着!大阪・信太山駐屯地

午前6時。起床のラッパで駐屯地の朝は始まる。

大阪・和泉市にある陸上自衛隊・信太山駐屯地。
大阪府下で唯一戦闘部隊を持つ、いわば大阪防衛の要。

ここで訓練している59人は、「自衛官候補生」。
高卒、元保育士、無職など経歴はバラバラ。

そんな彼らだが…
ここで3か月間、自衛隊の基礎を学び、国防の最前線へと派遣されていく。
大阪・信太山自衛隊駐屯地に密着した!

6月10日(金)。
(午前8時)自衛官候補生は試練の日を迎えていた。

【教育隊長・高尾2等陸佐】
「ただいまより、新隊員の最後の総決算である『25KM行進』を実施する」

車に揺られることおよそ5分。演習場の入口が見えてきた。
広さは東京ドームおよそ60個分、この広い敷地を8時間かけて歩く。
万が一の事態に備え、医療部隊も駆けつけた。
この日の天気は晴、気温29度、熱中症が心配だ。

「前進!」
「5メートル、開けるように」

離れて歩く理由は、敵の攻撃で部隊が全滅するのを防ぐため。
そう、これは戦場を想定して歩いているのだ!
銃に鉄製のヘルメット、装備品の重さは15キロにも及ぶ。

【候補生】
「しんどいです…しんどいと言ったら(上官に怒られるので)余裕です」

彼らには上官から1つの課題が与えられていた。

【教育隊・内田3等陸曹】
「(この訓練で)気持ちが折れてしまう子がいるので、みんなで助け合うのが目的」

(午前11時)歩き始めて3時間。候補生に異変が起き始めた。

上官は足元がふらつく隊員を止めた。

「ちょっとやばいみたいです。足がつりそう…」
「一旦荷物をおろして…」

脱水症状と判断された彼は、一時的に休息させることになった。

(午前11時40分) 昼食の時間。
食欲はない…筑前煮の汁で米を流し込む…
どの隊員も限界が近づいていた。

(午後3時30分)
今にも、倒れそうな隊員がいた。

しかし、足を止めようとしない。その後ろには支える仲間の姿が…

全員で歩き切る!その気持ちが隊を1つにしていく。

「皆、頑張って!最後まで!」

雄たけびと涙も出た、過酷な行進。全員無事に歩くことが出来た。

(午後8時)訓練後の風呂は何よりの楽しみ。

【自衛隊候補生】
「完歩出来てよかったです」
「十数回、心が折れかけた、25キロも歩いていると…」

過酷な訓練後の裸の付き合いは、彼らの絆も温める。
少しずつだが、国を守る男に成長していく。

3か月、寝食を共にしてきた彼ら自衛官候補生。訓練生活は6月末で終わり
全国の陸上自衛隊に派遣されていきます。

大阪・関西のニュース