【新型コロナ】大阪モデル 4ヵ月半ぶりに「緑信号」へ

【新型コロナ】大阪モデル 4ヵ月半ぶりに「緑信号」へ – YouTube

大阪府は、新型コロナの感染が右肩上がりの増加となっていないことから、府の独自基準『大阪モデル』について警戒を示す『黄色』から解除の『緑』に引き下げることを決めました。変更は5月23日からで『緑』の点灯は4ヵ月半ぶりです。これに伴い府民への要請を一部緩和、感染防止対策のゴールドステッカーを取得している飲食店では同一テーブル4人まで、2時間程度以内としていた制限を解除します。

 

 

大阪・関西のニュース