新型コロナワクチン大量廃棄に接種ミスも

新型コロナワクチン大量廃棄に接種ミスも – YouTube

 

新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種。その接種率が伸び悩む裏で ワクチンの大量廃棄や接種ミスが起きています。
京都市はきょう5月13日、5月下旬に使用期限を迎えるモデルナ製のコロナワクチンおよそ8万回分を廃棄する見通しであることを明らかにしました。
また堺市は5月12日、市内の医療機関で期限切れのワクチンを誤って326人に接種したと公表しました。接種に使われたワクチンは最大70日間も使用期限が過ぎていたということです。専門家によると使用期限が切れたワクチンによって健康に異常をきたす可能性は低いものの抗体を作る効果が薄れている可能性があるということです。

#新型コロナ #ワクチン接種 #ワクチン3回目 #モデルナ #ファイザー #京都市 #堺市 

 

 

 

 

大阪・関西のニュース