やさしいニュース

大阪・北新地放火殺人事件 計画的犯行が明らかに

大阪・北新地のクリニックで起きた放火殺人事件からまもなく1ヶ月、容疑者の男の計画的犯行が明らかになってきました。

12月17日に起きたクリニック放火殺人事件。25人が犠牲になり、1人が今も意識不明の重体です。警察はこの火事で死亡した谷本盛雄容疑者を放火と殺人の疑いで捜査していますが、その後の捜査で谷本容疑者のスマートフォンがクリニックで発見されていたことがわかりました。

警察の解析によると、”死ぬ時くらい注目されたい”、”日本史上、最悪な事件はどんなものがあるか”などとネットで検索していたことがわかりました。

また事件の半年前からクリニックが入るビルの非常扉の寸法を測ったり、関係者が出入りする時間を記録していたこともわかりました。

警察は、谷本容疑者が少なくとも半年前から放火によって多くの命を奪う計画していたとみて、捜査しています。

大阪・関西のニュース