やさしいニュース

新型コロナ感染拡大…3回目のワクチン接種前倒しへ 大阪府の各自治体の対応は…

3回目のワクチン接種が急がれますが、大阪市以外も今月から接種を始める府内の自治体が相次いでいます。

11日午後、大阪・交野市役所。ワクチンの接種券を入れる封書の準備に追われています。交野市では65歳以上の一般高齢者を対象とした3回目のワクチン接種は、元々2月1日からとしていましたが、8日前倒しして、1月24日から進めます。

【接種対策室 室長】
「予約システムの改修、市民への周知は短期間で対応に職員一丸となった」
「1,2回目は予約がスムーズにできなかった。予約が集中しないようにしている」

11日、接種券を発送するのは2回目の接種を去年6月5日までに終え、1月中に7か月以上経過する65歳以上の高齢者です。交野市で3回目の対象となる65歳以上の一般高齢者は、およそ2万3千人。接種券は今後、毎週1回、5千通程度を発送します。

(スタジオ)
一般の65歳以上の3回目接種の開始時期について、大阪の主な自治体に聞きました。

堺市は、1月17日から3回目接種を始めるとしています。そのほか、1月から開始するのは大阪狭山市が15日から、松原市が20日から、熊取町が24日からなどです。

2月1日からは高槻市、豊中市、枚方市、八尾市、寝屋川市、吹田市などとなっています。

去年は国からの供給不足もありましたが、今回は自治体がスムーズに接種できるよう、国はしっかりサポートしてほしいものです。

大阪・関西のニュース