やさしいニュース

関西スーパー争奪戦 月末決着か…オーケー期待で株はストップ高

24日、午前7時過ぎ、自宅を出る関西スーパー・福谷社長。

Q:H2Oとの「統合差し止め」の受け止めは?
「リリースをしているのでそちらを見てください」

【福谷社長】
「関西スーパーは一点の曇りもなく、まったく問題ないと強く思っている」

11月10日の記者会見。エイチ・ツー・オーとの経営統合を可決した株主総会の結果に胸を張っていた福谷社長。しかし…。

(決議方法には法令違反または著しい不公正がある)

22日、神戸地方裁判所はエイチツーオーと関西スーパーとの統合差し止めを決定しました。この問題は統合を可決した関西スーパー株主総会で、投票締め切り後に一部株主の「棄権票」を「賛成」に差し変えたことが発端です。統合に反対し関西スーパーの買収を目指していたオーケーは、票の差し替えによって「否決」が「可決」に覆ったとして、11月9日、神戸地裁に統合差し止めを求める仮処分を申請しました。

関西スーパーはそもそも賛成だった株主の意思を正確に反映し、問題はないと主張しましたが、裁判所は「投票は棄権としか解することはできない」、「著しい不公正がある」と関西スーパーの主張を退けました。

今回の司法判断に個人株主は…。

【個人株主】
「(裁判所の差し止め決定は)当然 (関西スーパー社長は)一点の曇りもないと言っていたが、裁判所は疑問に思っている」

一方、24日の株式市場では…。

【記者】
「午後3時、取引が終わりました。関西スーパーの24日の終値は1904円。おとといの終値と比べて400円高くなりました。ストップ高です」

関西スーパーがエイチツーオーと統合できなくなれば、オーケーは再び買収を提案。関西スーパー株主から1株2250円で株を買い付ける方針を明らかにしているため、買いが殺到しました。

【岩井コスモ証券 有沢投資調査部長】
「オーケー側がしかけてきたTOB 公開買付け2250円だから またその可能性が出てきたということで買いが一気にふくらんだ」

Q:今後は?
【岩井コスモ証券 有沢投資調査部長】
「早く決着をつけないと消費者や従業員の間で動揺が広がる可能性がある」

関西スーパーは、統合差し止めの決定を不服として、24日神戸地裁に異議を申し立てましたが、司法判断は大阪高裁までもつれ込むのは必至の情勢。12月1日の経営統合予定日が迫る中、法廷闘争は月末ギリギリまで続く見通しです。

大阪・関西のニュース