やさしいニュース

オレンジと紺で半世紀…近鉄「スナックカー」ラストラン! 名車だった…お疲れ様でした…   

「スナックカー」の愛称で親しまれ、今年2月に定期運用が終了した近鉄の特急車両「12200系」が20日、ラストランを終えました。大阪上本町駅や近鉄・賢島駅ではセレモニーが開かれ、多くのファンが「スナックカー」の最後の雄姿を見届けました。

オレンジと紺のツートンカラーが特徴の「12200系」は1969年に登場し、大阪と名古屋、伊勢志摩を結ぶ車両として、ビジネスマンや観光客を運んできました。東海道新幹線に対抗し、リクライニングシートや洋式トイレを備え、初期の車両には軽食を提供するスナックコーナーを設置したことから「スナックカー」の愛称で親しまれてきました。また伊勢神宮を参拝する皇族や、イギリス・エリザベス女王も乗車しました。

「12200系」の車両の大半は解体されますが、一部は来年春に登場する、新たな観光特急「あをによし」として生まれ変わります。

【撮影】:大阪上本町駅  19:58頃 
ラストランを終えて回送で去る12200系の様子

大阪・関西のニュース