やさしいニュース

大阪・マンション社長死亡 遺体の第一発見の男 傷害の疑い逮捕 殺人関与の可能性もみて捜査

大阪市中央区のマンションで男性が死亡していた事件に絡み、警察は、遺体の第1発見者の男を傷害の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、住居不詳で韓国籍の金歡喜容疑者です。警察によりますと金容疑者は、ことし4月と5月に、コンピューター関連会社社長の八ツ田和夫さんとみられる男性の顔を数回殴るなどの暴行を加え、けがをさせた疑いがもたれています。
この男性は、10月2日何者かに頭などを殴られ、死亡しているのが見つかっており、金容疑者は遺体の第1発見者で、警察に通報していました。
調べによりますと2人はおよそ40年前からの知り合いで、関係者の話などから金容疑者は男性に対し、日常的に暴力を振るっていたということです。
調べに対し、金容疑者は黙秘していて、警察は男性の殺害にも関与した可能性があるとみて捜査しています。

大阪・関西のニュース