やさしいニュース

兵庫・東条湖おもちゃ王国木製迷路床抜け事故 腐食を確認

木製の立体迷路の床が抜け落ちる事故が起きた「東条湖おもちゃ王国」に来ています。建物の2.4メートルの高さから落下し、6人が骨を折るなどのけがをしました。警察の姿は見えませんが、12日朝は、兵庫県と消防の担当者が現場の視察に訪れました。また隣にあるホテルを取材したところ、「事故の前から予約をしていた」という家族連れに話が聞けました。

【宿泊客】
「せっかくコロナもあけたので、みんなで遊べると有給休暇をとった。みんなが楽しみに来る場所。安全は担保してほしい」

警察は11日現場検証を行いました。管理や保守に不備があった可能性があると見て
業務上過失傷害を視野に捜査を進める方針です。いまのところ迷路の床の材木に腐食が確認されましたが、原因は雨か、経年劣化か、虫なのかは警察の鑑定結果を待つことになります。また事故の責任が誰にあるのかも鑑定結果に左右され、たとえば木の床のつなぎ方が甘かった場合は施工業者、メンテナンスが不十分だった場合は管理者などが責任に問われる可能性があります。

大阪・関西のニュース