やさしいニュース

大阪・53人が集団暴走 少年少女を書類送検 SNSで呼びかけ

「自分たちが世界の中心」。そう話し、バイクで危険な暴走行為をしたとして、少年らおよそ50人が書類送検されました。

深夜。道路に広がり走るたくさんのバイク。横断歩道を渡る自転車の間をすり抜けるなど…危険な運転が目立ちます。

道路交通法違反の疑いで検挙されたのは大阪府に住む、中学生や高校生を含む14歳から17歳の男女53人です。大阪府警によりますと、少年らは去年11月大阪・岸和田市内の道路で原付バイクなど32台に乗り、およそ2.4キロにわたって広がり運転や信号無視などの危険な運転を繰り返した疑いがもたれています。
調べに対し、少年らは容疑を認め「現行犯じゃなければ捕まらない」「すごい人数で走り楽しかった。自分たちが世界の中心という感覚になった」と話しているということです。
 
大阪府警によりますと少年の一人がSNSを使ってバイクでの暴走を呼びかけ、投稿を見た友人らが拡散し、およそ50人が集まったということです。

大阪・関西のニュース