やさしいニュース

大阪新型コロナ452人感染  吉村知事 30日 大規模医療・療養センターインテックス大阪開設

大阪府は13日、新たに452人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。1日の感染者数が500人を下回るのは、8月2日以来です。亡くなった人は4人、新たに基礎疾患のない20代女性を含む15人が重症化し、重症患者の数は264人で重症病床使用率は43.6%です。自宅療養者は10743人、宿泊療養者は2985人となっています。

新型コロナウイルスの次の感染拡大に備えて中等症までの感染者を治療する、大阪府の大規模医療・療養センターが9月30日に開設することが決まりました。

13日、大阪府の吉村知事が明らかにしたもので、感染者を1000人規模で収容する施設をインテックス大阪に設置し、9月30日に500床から運用を始め、10月中に1000床を目指すとしています。

施設を監督する「責任医師」には大阪大学の忽那賢志教授が起用されます。運営事業者については、医療機器の販売などを手がける『グリーンホスピタルサプライ』と警備会社の『日本パナユーズ』と14日にも正式に契約を結び、懸案となっていた看護師は、最大で常時20人確保するめどがついたということです。

大阪・関西のニュース