やさしいニュース

【新型コロナ】大阪・京都・兵庫 3府県そろって解除要請へ

3府県揃って緊急事態宣言の解除要請となるでしょうか。対応の協議が大詰めを迎えています。

【大阪府 吉村知事】
「京都・兵庫はそれぞれ両知事が判断する。その判断を尊重したい。」

大阪府は先週19日金曜日、2月末で緊急事態宣言を解除するよう国に求める決定をしました。
吉村知事は要請について京都府・兵庫県と足並みをそろえるとしています。
兵庫県は宣言解除要請の独自基準を23日にもクリアする見通しとなっていて、22日午後に対策本部会議を開き、宣言の解除要請を決定しました。

【兵庫県 井戸知事】
「医療提供体制の状況等を踏まえ、京都・大阪と連携し、政府に対して3月1日以降の緊急事態宣言の解除を要請することにした。」

また京都府も22日午後5時から会議を開き対応を協議します。
解除要請へ向けて3府県の知事は23日午後に会談し、共同で国に要請する見通しです。

【大阪府 吉村知事】
「西村大臣には直接3知事から要請したい。2月23日か24日には。三者一体で強調て足並みをそろえて対応したい。」

宣言解除に向けた動きが活発になってきましたが、大阪府の吉村知事は塩野義製薬と協定を結んだと発表しました。
保健所の業務がひっ迫した際に従業員を派遣して業務を支援するというもので、22日からまずは「研修」という形で18人が派遣されています。
人件費は塩野義製薬が負担します。
塩野義製薬によりますと、派遣する従業員は営業関係や研究関係など多岐にわたっていて、東京にも4人派遣するということです。

大阪・関西のニュース