やさしいニュース

大阪府 緊急事態宣言 府内全域で時短要請へ

大阪府では1月14日から飲食店の営業時間がさらに短縮されます。
大阪府全域でおよそ10万店が時短の対象になります。

【大阪府 吉村知事】
「緊急事態宣言が出ることで非常におおきなダメージを受けるみなさんがいることは重々承知しているが、感染拡大が伸び切る前にやらなければならない。」

これまで大阪市内に限っていた飲食店などに対する午後9時までの時短営業の要請。
しかし感染した人の情報を分析すると大阪市内よりも
大阪市以外に住む人の割合が増え居酒屋や飲食店での
感染の割合も増えています。
そのため大阪府は、1月14日から時短要請のエリアを府内全域へ広げ、
営業時間も午後8時までを要請します。

今回初めて要請の対象となった東大阪市の飲食店は?

【居酒屋】
「(協力金は)6万円だとトントンだと思う。なかったら厳しいです。」

【中華料理店】
「一杯飲んで帰る客が多いので売り上げは酒類がなかったら少ないです。客が来ないで営業するとどうしてもしんどいですね。」

一方、最近増えている10~30代の感染者から
高齢者に感染が拡がる恐れもあることから、
吉村知事は、感染者の数が確保した病床を上回る事態を防ぐため
大阪府内の医療機関にあらためて病床の確保を要請する考えです。

【大阪府 吉村知事】
「(新型コロナ患者を受け入れる病院の)裾野を広げることも重要だと思います。一定の基準をクリアする病院、民間病院を中心に、1床か2床をお願いしたい。特措法31条に基づいて要請します。」

大阪・関西のニュース