やさしいニュース

訪問介護で700万円を盗んだ女に判決

訪問介護の利用者から
キャッシュカードを盗み
700万円以上を引き出した女に
懲役2年6ヵ月の実刑判決です。

元ホームヘルパーの山本加代子被告は
訪問介護で担当していた高齢者2人から
キャッシュカードを盗みだし
700万円以上を引き出したとして
窃盗の罪に問われています。

山本被告は引き出した現金を
生活費などで使ったほか、
自動車や電化製品なども購入していました。

きょうの判決で大阪地裁は
「高齢者の認知機能の低下につけこんだ
卑劣な犯行で訪問介護の信用も貶めた」
として
懲役2年6ヵ月の実刑判決を言い渡しました。

大阪・関西のニュース