やさしいニュース

【 新型コロナ】感染者高止まり 連休最終日も大阪市内は閑散

例年であれば華やかな振袖姿の新成人が街を行き交いますが、この日の大阪市内は閑散とした様子となりました。

【リポート】
「心斎橋周辺です。3連休最後の祝日ですが人の出はかなり少ない印象を受けます。」

携帯電話の位置情報を基に繁華街のキタやミナミの人出を分析すると、10日・9日は去年の同じ時期の土日と比べてて4割から5割減少、去年12月の土日の平均と比較すると4%~10%の減少になっています。

【街の人】
「福島区では成人式が中止になった。振袖代がもったいなかったので着るだけ着て写真だけ撮りに来ました。」

都市部の感染者数はここ数日で急拡大。
大阪では1月8日に過去最多の654人となった後も高い水準で推移し、10日には重症病床の使用率が72.5%に達しています。
感染拡大がこのまま続くと医療崩壊につながるとして、大阪府の吉村知事ら関西3府県のトップは国に緊急事態宣言を出すよう要請。
国は感染の拡がりを今週末頃まで分析するとしています。
大阪府はさらなる感染者増加への危機感から12日に対策会議を開き、14日から府内全域の飲食店などに午後8時までの時短要請を決定する方針です。

【大阪府 吉村知事】
「ここで感染者がどんどん増えると抑えがきかず、助かる命が助からない状況になる。緊急事態宣言下で出されている措置に準じて大阪の事業者に(さらなる時短を)お願いしたい。観戦急拡大に対し、今、動かないといけないと思っている。」

大阪・関西のニュース