やさしいニュース

iPS細胞で心臓再生医療に新しい風

iPS細胞を使った心臓再生医療に新しい時代が到来します。

【京都大学医学部附属病院 升本英利特定助教】
「今回のように内視鏡を使うと傷も小さく済みます。患者の負担が少なく、痛みも少ない手術、そうなれば非常にこの治療が広まっていくと思います」

11月20日、京都大学病院で発表されたのはiPS細胞などから作られた細胞シートを内視鏡手術で心臓表面に移植することが出来る世界初の装置です。

このエクシードと名付けられた装置は、細胞シートを小さく収納して体の中に送り込み、心臓の表面にゆがみなくキレイに貼り付けることができます。

重い心臓病の患者にiPS細胞から作られた細胞シートを移植する治療方法は、阪大病院で治験が始まっていて、京大病院でも臨床研究を準備中です。

胸を切開する手術は患者の体へ負担が大きく、より負担の少ない内視鏡手術でこの装置が使われます。

エクシードは、人体の内臓模型を使った検証では、100%の確率で成功していて、今後心臓が拍動するモデルなどでさらに検討を行い、2~3年後に実用化をめざすということです。

大阪・関西のニュース