やさしいニュース

野菜不足が目に見える 阪急百貨店×カゴメでベジチェック!

10月16日、阪急うめだ本店に大手食品メーカー「カゴメ」の新店舗がオープンしました。
売っているのはカゴメの人気商品である野菜スムージーを濃縮して作った一口サイズのゼリーで、その名も「食べるスムージー」。

野菜を「おやつ」として食事以外でも手軽に食べてもらいたいと開発した、阪急でしか手に入らない限定スイーツです。

さらに店頭には、センサーに20秒手をあてるだけで野菜の摂取量が測定できる機械を設置。
誰でも体験でき、自分に野菜が足りているか知ることができます。
毎日、野菜を食べるようにしている番組ディレクターが体験すると…

【塩見萌店長】
「1日に必要な野菜が約350グラムと言われているので、こちらの結果だと少し野菜が足りてないですね」

【カゴメ 宮田原也さん】
「お客様には定期来店をしていただきたいと思っているので、こういった野菜のベジチェックも活用しながら自分の野菜摂取量がどれだけ増えたのかその都度確認できるような楽しい店舗にしていきたいと思っています。」

大阪・関西のニュース