やさしいニュース

未公開株名目の詐欺 容疑者を送検

「未公開株が購入できる」などと嘘をついて現金をだまし取った疑いで、男ら6人が逮捕・送検されました。

詐欺の疑いで検察に送られたのは内田正利容疑者ら男女6人です。
内田容疑者はフィリピンから10月10日に帰国したところを逮捕されました。
内田容疑者らは、去年8月大阪府に住む58歳の女性に対し、「太陽光の追尾型発電システムを開発している会社の未公開株が購入できる。公開されれば莫大な利益を得ることが出来る」などと嘘をついて、現金200万円をだまし取った疑いが持たれています。
警察によりますと、太陽光発電システムの開発実態はなく、会社の上場手続きも取られていなかったということです。
警察は6人の認否を明らかにしていません。
6人は全国の約350人から6億円前後を集めていたとみられ、警察は実態解明を進めています。

大阪・関西のニュース