やさしいニュース

レバノンへ「ベイルートへの祈り」~「大鼓」とアラブ伝統楽器との共演

2020年8月4日、レバノン・ベイルートで起こった大爆発によって、4万個のビルや家屋が倒壊、30万人が家を失いいまだ避難している状態が続いている。そこで、アラブと親交の深い日本の伝統芸能「能楽」のアーティストたちが、「ベイルートへの祈り実行委員会」を設立。亡くなった方々の遺族や、家を失った方々に日本からチャリティーを通して祈りのメッセージを届けるため、レバノン「ベイルートへの祈り」~能公演とチャリティーディナーを企画した。第1部能公演を2回に分けて配信、1回目は、アラブの弦楽器「ウード」の演奏と、「大鼓」とのコラボ演奏をお届けします。

【出演】大倉正之助(大鼓) 常味裕司(ウード演奏)

大阪・関西のニュース