浅田次郎ドラマ「プリズンホテル」第4話

  • 累計200万部突破の原作浅田次郎を代表する人気シリーズ。泣いて笑って明日への活力となる痛快エンターテインメントドラマ。

  • 番組内容

     日本最大手のクラスタホテルグループで働くこと25年、念願の『支配人』の肩書を手に入れた花沢は、意気揚々と赴任先の“奥岬あじさいホテル”へとやって来た。だがそんな花沢を「おつとめご苦労さんです!」のかけ声と共に迎え入れたのは、どうみても極道のオーナーに強面の番頭と外国人の仲居たち…。そう、このホテルのオーナー、木戸仲蔵は極道の大物!

  • 番組内容2

    ここはオーナーも任侠、従業員も任侠、客人も任侠の“任侠団体御用達ホテル”だったのだ…

  • あらすじ

     花沢が支配人を務める奥岬あじさいホテルに会社経営者を名乗る3人の客が到着。ホテルのバーに現れた3人は、丁半博打を開始。仲居や番頭、フロントマン・新井から持ち金すべて巻き上げた。3人組の1人が初恋の幼なじみの涼太だとわかり浮かれる花沢の娘・シゲル。だが、テレビのニュースの振り込め詐欺犯の犯行中の姿をとらえた映像が、涼太の服装、髪型と一致していて…。 

  • 出演者

    花沢一馬…田中直樹 木戸仲蔵…柄本明 新井拓也…矢野聖人 花沢シゲル…北香那 黒田旭…菅田俊 鉄砲常…森下能幸 フランケン安吉…長江英和 梶平太郎…武田幸三 服部正彦…永岡佑 ほか

  • 出演者2

    【ゲスト出演者】 藤野涼太…水間ロン 北大路大介…阿部亮平 星野一平…牧田哲也

  • 原作脚本

    【原作】浅田次郎「プリズンホテル」【脚本】三浦駿斗、田中智章、青塚美穂、宮本武史

  • 監督・演出

    【監督】青山貴洋、岡野宏信