池上彰の戦争を考えるSP第10弾~「日本のいちばん長い日」がはじまった~

  • 迫り来る連合国軍。本土決戦か、降伏か…終戦に導いた当時の首相・鈴木貫太郎の直筆メモを発掘。「降伏は困る」「死中に活を」そこには緊迫のやりとりが記されていた。

  • 番組内容

    「日本のいちばん長い日」などで知られる作家・半藤一利の渾身の監修のもと、終戦へのプロセスを検証する。迫り来る連合国軍。本土決戦か、それとも降伏か…。緊迫の一日が幕を開ける。当時の総理大臣・鈴木貫太郎は、いかにして日本を終戦に導いたのか?

  • 続き

    取材班は鈴木の貴重な直筆メモを発掘。そこには、御前会議での緊張感あふれるやり取りが記されていた。教科書には「ポツダム宣言によって無条件降伏した」とされているが、その舞台裏にはこんな秘話があった。ドイツ・ポツダムでの取材や、膨大な資料をもとにあの激動の夏に迫る。

  • 出演者

    【キャスター】池上彰【アシスタント】相内優香(テレビ東京アナウンサー)【ゲスト】峰竜太、宮崎美子、小島瑠璃子

  • 関連情報

    http://www.tv-tokyo.co.jp/ikegamiakira/