午後のサスペンス 弁護士高林鮎子26 雲仙長崎旅路の果て

  • 死にゆく妻のために夫が計画したある工作とは…?

  • 番組内容

     鮎子が友人の野口真理と雲仙、長崎を巡る旅行を楽しんで程なく、栃木の宇都宮北署から、旅先の事情を確認する電話が入った。警察が聞いたのは、鮎子が旅行中に知り合いになった税理士・山崎雅雄とその妻・友里のアリバイ。どうやら、山崎は旅行の日、宇都宮市内で発生した殺人事件の容疑者になっているようなのだ。

  • 番組内容2

    この事件の被害者は、3年前まで山崎の事務所で働いていた堀岡隆史。山崎には長崎で16時間の空白の時間があり、警察はこの間に殺害が可能だとみていた。だが、鮎子は、体の弱い友里をかばう山崎がとても人を殺すとは思えない。山崎は、“空白”の間、自分の部屋の電話で株式情報を聞いていた、と証言したが…

  • 出演者

    高林鮎子…眞野あずさ 竹森慎平…橋爪功 草鹿達之介…丹波哲郎 山崎雅雄…篠田三郎 ほか

  • 原作脚本

    【原作】津村秀介(『長崎異人館の死線』カッパノベルス刊より)【脚本】小木曽豊斗

  • 監督・演出

    【監督】鷹森立一