午後のサスペンス 着物デザイナー黛涼子の推理紀行3

  • 着物デザイナー・黛涼子と、銀座・越後屋の染井大輔のコンビに、涼子の親代わりの染色職人・庄吉を加え、着物美と旅の魅力をふんだんに盛り込んだサスペンスの第3弾。

  • 番組内容

     着物デザイナー・黛涼子は、涼子の着物プロデューサー・越後屋の染井大輔と、新潟県十日町の雪まつりの着物ショーに招待されて出かける。十日町の新進着物作家、間宮修一郎は、16年前、涼子の大学時代の恋人だった。それを知っている涼子の親代わりの染め職人・庄吉は、ヤケボックイにならなければいが、と心配だ。雪国十日町の降り積る雪の中で、涼子はなつかしい修一郎と再会。

  • 番組内容2

    修一郎の工房では母の佳代と、妹同様という幸が睦まじく機織りをしている。やがて雪まつりのメインイベント、着物ショー当日の夜の会場では、美しくライトアップされた雪上のステージで華麗なショーが繰り広げられた。ショーが終盤に差し掛かったとき、血まみれの男が舞台に転がって倒れ、「雪女―」と口走って絶命した。手には赤い雪が握られていたが、涼子はその赤が着物の染料と気づいた…

  • 出演者

    黛涼子…眞野あずさ 染井大輔…石黒賢 馬場庄吉…大村崑 小野江昌之…冨家規政 柳田悟…佐戸井けん太 ほか

  • 原作脚本

    【脚本】中村恵子

  • 監督・演出

    【監督】小平裕